男の便秘と固い便!うんこを揺さぶる衝撃の便通法とは?

女性だけじゃない男も便秘に悩んでいる人は多いです!しかもうんこが硬くてトイレでウンコをするのも一苦労・・・そんな時に効果があるのが善玉菌の力です!

毎日健康的な柔らかい便を出す為にやりたいたった1つの事!

2016年11月12日 21時08分

zendamakin_29.jpg
 
zendama_6.jpg





世間でいうところの「バナナうんち」、
いわゆる柔らかくて、
適度な黄土色がかっている便がよい便とされています。


「バナナうんち」は、
痛みもなく、自然にするっと出る便です。


小さくて固い便に比べると体積もあります。

 
健康や排便に気を使うケースでは、
特に「バナナうんち」が
毎朝するっと出る状態をとても歓迎し、
その状態を維持できるよう
心掛けていることも多いです。
 

メリットの多い柔らかいうんちは、
どのようにすると出るのでしょうか。
 
 

立派な柔らかいバナナうんちを出すための心掛けとは?

zendamakin_54.jpg



柔らかいうんちを出すためには、
基本的にしっかりとした睡眠をとり、
朝は決まった時間に起きる生活のリズムをつけます。


単純なことのようですが、
体を休めることで、腸内環境はよくなります。


食事面においては、
とにかく食物繊維を摂る心掛けです。


肉料理が多いと、便秘がちになります。


食物繊維は、
例えばキャベツを100g食べたから
100gの食物繊維が摂れた、
ということにはなりません。


100gのキャベツに含まれる食物繊維は1.8gほどです。


食品により、含まれる食物繊維の量は異なります。

 

柔らかうんちには食物繊維以上に食事のアレが大切!

zendamakin_55.jpg


食品には食物繊維以外にも
必要な栄養素が多く含まれていますので、
食物繊維だけに重点を置かず、
さまざまな栄養バランスを考慮する必要があります。


また、食事は体のための栄養バランスの他に、
楽しむという点も重要ですから、


常に食品の栄養素のみに固執すると、
食事を楽しむことが
難しくなってしまうことも考えられます。


そういった面も含めた上で、
食物繊維を多く含む食品を
取り入れることにも気を配ると、
柔らかいうんちが出るような
働きかけができてきます。

 
体を動かすことも
柔らかいうんちを出すために、
欠かせない要素です。


体を動かすことで、
体の冷えや筋力の低下を防げます。
 
 

柔らかい便を出すために朝と夜にやるべきたった一つの事

zendamakin_56.jpg


そして、柔らかい便を出すのに不可欠なのが
起床後と就寝前に水を飲む、ということです。


水は常温や、白湯などがよいです。


飲む量は就寝前に水を飲みすぎることにより、
むくみの原因になる可能性がありますので、
コップ1杯ほどが適量だと考えられます。

 
柔らかい便を出すには、水分が必要です。


習慣としても始めやすく、
比較的効果も出やすい方法です。


尚、それまで朝排便の習慣がない場合、
出かけの5分前などに便意が訪れ、
じっくりトイレに行きたくなる可能性も
考えられますので、休みの日に始める、
或いは少し時間に余裕を持たせるなどすると、
柔らかい便を落ち着いて出せます。
 
 

サプリの力で更に安定した柔らかい便を保つ

zendamakin_41.jpg



心掛けや、起床後、
就寝前の水を飲む習慣で、
柔らかい便はだいぶ出やすくなると考えられます。


そこに更に腸内環境を改善し、
よい便が安定して出るようにする方法として、
サプリを飲む習慣があります。

 
善玉菌のチカラは、腸内環境を整え、
便秘やおなかのはりなどを
改善する効果が期待できます。


痛みがなく、
自然なお通じがくることも
善玉菌のチカラならではです。


善玉菌のチカラは1日約66円
続けられるサプリメントです。


 
↓ ↓ ↓

善玉菌のチカラの詳細を見る